セル サイト ゲートウェイ ルータ

ワイヤレス プロバイダは、4G および新しい 5 G 環境の変化における成長機会を活用するため、インフラストラクチャを根本的に変更する必要があります。 5Gは新たな収益機会を創出しますが、非常に多額のCapExが必要になります
プロバイダは成功するために、セルサイトの機能を根本的に変更する必要があります。5Gネットワークでのセルサイトは、はるかに多く、はるかに小さくなります。既存のルータがネットワーク内でのこの場所における容量と経済的要件に適していないため、この新しい変化は、ワイヤレスネットワーク事業者にとっての大きな技術的および財政的課題を生み出します。
セル サイト ゲートウェイ (CSG) ルータを使用したオープン ネットワーキング アプローチは、5G セル サイトの課題に対する理想的なソリューションをワイヤレス キャリアに提供します。TIP のディスアグリゲートセル サイト ゲートウェイは、このアプローチの一例です。 ヴォルタ(Volta)のソリューションは、キャリアグレードのルーティング機能だけでなく、ワイヤレスプロバイダが必要とする柔軟性、信頼性、コスト効率をも提供します。

ヴォルタネットワークスのセルサイトゲートウェイ(CSG)ルータ

ヴォルタネットワークス は、ワイヤレス ネットワーク事業者がセル サイトで求めるルーティング容量をスケールアウトする機能を提供します。ヴォルタ(Volta)は、低コストのスイッチでの処理を最大限可能とするように、コントロールプレーン処理の大部分をクラウドに移動します。 その結果、ヴォルタ(Volta) は、RAN シェアリングやネットワークスライシングなどのアプリケーションのため、CSG あたり最大 255 個の仮想ルータをサポート可能です。ヴォルタエージェントはスイッチのローカル制御を提供し、既存ルータの IO モジュールのように動作します。

新しいサービス エッジでのキャリア グレードのルーティング

ヴォルタ(Volta)は、一つのホワイトボックス スイッチで複数の仮想ルータをサポートできます。オペレータは、クラウドから仮想ルータを起動し、特定のサイトの特定のスイッチに簡単に関連付けることができます。また、CSGルータ で提供される一元的な管理と自動化により、オペレータは、コストを管理しながら最大限の運用効率を維持できるよう容易に仮想ルータを扱うことが可能です。
仮想ルーティングのスケーリングは、主要なアプリケーションにとって重要です:

  • RANシェアリング:次世代ワイヤレスインフラストラクチャの構築を単独で行うことは、プロバイダにとって高価な計画です。一部のオペレータは無線アクセス ネットワーク (RAN) シェアリングに向かっています。複数のモバイル事業者が同じインフラストラクチャを共有します。容量購入者にとっては、サービスを拡大したり、新しい市場に参入したりするための低コストでの実現方法となります。売り手にとっては、新しい利益センターの創生です
  • ヴォルタCSG ルータは、セルサイトで動作する同じホワイト ボックス スイッチ上で複数の仮想ルータを実行し、異なるプロバイダによるRANシェアリングを容易にします。各仮想ルータは、独自のルーティング プロトコルを実行する完全に独立した管理ドメインです。
  • • 新しいサービス:キャリアは、5Gスモールセルサイトを展開するインフラストラクチャを革新的な方法で再利用できることを理解しています。 セル サイトを接続するファイバーは、以前はキャリア保有ネットワークでカバーされていなかった事業所を接続するためにも使用できます。 これにより、これらの企業顧客向けのサービスの収益性が高くなります。分離した仮想ルータにより、これらの企業サービスのプロビジョニングと管理が容易になります