ピアリング ルータ

接続性を確保には、ピアリングが必要です。 サービスの一環として、ピアリングを行うプロバイダーは、多くの課題に直面します。 重要な要因をいくつか見てみましょう。 まず、多数のピアリング関係を管理することです。 2つ目は、ルーティング情報ベース(RIB)と転送情報ベース (FIB) のサイズが大きくなったときのパフォーマンスの確保です。 最後に、トラフィックが増えると、10Gbから40Gb、さらには100Gbの接続を必要とするため、高速ポートのコストも重要な課題です。

Volta ピアリングルータの図
仮想ルーティングでは、さまざまなピアリングしている顧客が別々の管理ドメインに所属できます。

Voltaは、各ピアリング関係が専用の仮想ルータを持つことを可能にします。 各仮想ルータはクラウド内のコントロール プレーンの大部分を実行するため、処理のスケーリングにたいする費用対効果が高まります。 このアプローチは各仮想ルータのためのルーティング プロトコルが、別々のインスタンスを持ち、各仮想ルータのスケーラビリティ、信頼性およびカスタマイズを強化します。

Voltaは、特定のホワイト ボックス スイッチに関連付けされている、すべての仮想ルータからのRIBを統合する独自の機能を備えています。 そのため、RIBは最大80%まで圧縮されます。これにより、機能的に完全なルーティングテーブルを、通常のスイッチASICのテーブルスペースに収められます。 これは、すべてのトラフィックが高速パスに留め、ルートキャッシングのパフォーマンス悪化を防ぎます。

ホワイト ボックス スイッチは、通常使用されている従来のルータと比較して、ポートあたりのコスト、特に高速ポートのコストを大幅に削減します。 Voltaでは、単一の1 Uホワイトボックススイッチで最大255台の別々の仮想ルータをサポートできます。 このようなマルチテナントの場合、各仮想ルータは、特定の顧客の正確な要件を満たすように構成された独自の管理ドメインとして、クラウド内にある別々のプロセスのセットとなります。 これにより、CAPEX(購入費用)とOPEX(運用費用)が削減され、より迅速なサービス提供と、より堅牢なソリューションによる、構成データの簡素化が可能になります。