プロバイダ エッジ ルータ

サービスプロバイダの収益は、MPLS VPNなどの、エンタープライズクラスの製品を提供するプロバイダ エッジ ルータに依存します。 プロバイダのエッジは、2つの相互に関連する傾向から圧力を受けています。 第一に、顧客はより頻繁な変更を伴う、より高度なサービスを要求しています。 第二に、これらの顧客は、より広いポート速度への投資を必要とする、より広い帯域幅を必要とします。 そのため、サービスはより複雑になり、複数の物理的および仮想的なネットワーク ベンダ デバイスから互いに連鎖が必要なケースが増えています。 これにより、サイズが数十メガバイトにもなる大規模で複雑な設定ファイルが作成されます。この場合、顧客間を明確に区別することなく、複数のサービス設定が混在します。 時間が経つにつれて、プロバイダエッジは複雑になり、運用コストが高くなり、拡張が困難になり、イノベーションの余地がなくなります。

レガシールータは、デバイス管理とコントロールプレーンの提供方法によって制約を受けます。 これら独自のシャーシベースルータは、本質的にシングルブレードのx86ベースのサーバであるデバイスコントローラ(たとえば、Juniper Routing EngineまたはCisco Supervisor Engine)上で、管理およびコントロール プレーン ソフトウェアを実行します。 このソフトウェアはメモリとプロセッサの両方を消費します。 より多くのサービスを配信する必要があるため、ルータがより多くのポートを介する、より大きな構成では、デバイスコントローラのメモリと処理はそれに合わせてスケールしないため、サービス配信にボトルネックが生じます。 プロバイダは、データプレーンのポートあたりのコストを下げ、コントロールプレーンをスケールアウトする方法を必要としています。

これは特にMPLSエッジルーティングに当てはまります。 エンタープライズクラスのサービスには、当面の間、MPLSが欠かせませんが、プロバイダは収益性を維持するためにサービスエッジでコストを削減する必要があります。

プロバイダエッジサービスのためのVolta仮想ルーティング
緑色の仮想ルータ上で、顧客は1つのサービスを持ち、青色のVR上では、顧客は別のサービスを持ちます。

このポートのコストは、ホワイト ボックス スイッチを使用して説明できます。 これにより、非常に高い費用対効果で、プロバイダエッジにポートを追加できます。 Voltaは、パブリックまたはプライベート クラウド インフラストラクチャ上で動作する、クラウド ネイティブのネットワーキング ソフトウェアを提供します。 各仮想ルータはクラウド内のコントロール プレーンの大部分を実行するため、処理のスケーリングにたいする費用対効果が高まります。 このアプローチは各仮想ルータのためのルーティング プロトコルが、別々のインスタンスを持ち、各仮想ルータのスケーラビリティ、信頼性およびカスタマイズを強化します。

その結果、Voltaは1つのホワイトボックススイッチで最大255の別々の仮想ルータをサポートします。 このようなマルチテナントの場合、各仮想ルータは、特定の顧客の正確な要件を満たすように構成された独自の管理ドメインとして、クラウド内にある別々のプロセスのセットとなります。 顧客ごとに個別の構成ファイルを用意することで、サービスの作成とプロビジョニングを大幅に簡素化します。これは、サービス提供の迅速化と、プロセス内のエラー減少を実現します。 これは、サービス提供の迅速化と、プロセス内のエラー減少を実現します。 Voltaのネットワークサービスライブラリは、YANG(RFC 6020)データモデルまたはPythonライブラリとして提供されています。 クラウドへの単一のAPIにより、ネットワーク事業者のオペレーション サポート システム(OSS)とビジネス サポート システム(BSS)への統合が簡単になります。

これによりサービスエッジが単純化され、購入費用(CAPEX)と運用費用(OPEX)を削減しながら、より迅速なサービス提供と、より堅牢なソリューションが可能になります。 Voltaのソリューションは完全に標準ベースであり、レガシールータとの相互運用性を保証します。 これにより、プロバイダはホワイト ボックス スイッチを少しずつ追加できます。 コストを比較すると、クラウド ソフトウェアを使用してホワイト ボックス スイッチを追加すると、既存のレガシールータにポートを追加するコストの90%を節約できます。