モバイルバックホールの進化

モバイルバックホールは、ワイヤレスサービスのプロバイダにとって重要なインフラストラクチャ要素であると同時に、ファイバおよびインフラストラクチャのプロバイダにとっての主要な収益源です。 細分化された基地局を持つスモールセル基地局が標準的になるにつれて、大きな変化が見込まれています。 C-RANと5Gでは異なるネットワークトポロジが必要になります。 ベースステーションの分解により、バックバンド側に接続してバックボーンとMSCに到達する前に、ベースバンドユニット(BBU)が「BBUホテル」に移動され、そこで仮想ネットワーク機能(VNF)としてソフトウェアとして実行されます。

仮想ルータは、このアーキテクチャで複数の機能を処理しながら、アプリケーションや顧客をセグメント化するための鍵となります。 従来のルータは高価であり、また仮想化方法に制限があります。 レガシーベンダーは、自社のソフトウェアを自社製のハードウェアから分離し、顧客の圧力に応えました。 DPDKのような技術革新により、ルーティングソフトウェアをx86ベースのサーバー上でVNFとして実行できるようになりました。 2つの10GE NIC(10 ギガビット イーサネット 対応 ネットワーク インタフェースカード)を使用し、ソフトウェアのインスタンスを1つしか実行できないx86サーバーのコストは、 数千ドル以上になり、1ポートあたりの価格が上がります。 より大きな構成では、ルータがより多くのポートを介し、より多くのサービスを提供する必要があるため、サーバーハードウェアと共にルーティングソフトウェアのインスタンスがさらに多く必要となり、サービス提供にボトルネックが生じます。 プロバイダは、データプレーンのポートあたりのコストを下げ、コントロールプレーンをスケールアウトする方法を必要としています。

モバイルバックホールでのVolta仮想ルーティング
ホワイト ボックス スイッチ上の仮想ルータはエッジでVNF(仮想ネットワーク機能)に接続します。

このポートのコストは、ホワイト ボックス スイッチを使用して説明できます。 2つの10GbE対応NICを搭載したサーバー1台の価格で、ひとつのホワイトボックススイッチに48個の10GbEポートと高速アップリンクがつきます。 これは、COネットワークとバックホール ネットワークの両方に接続する、BBU VNFからの複数のフロントホール接続を集約するのに理想的です。 Voltaは、パブリックまたはプライベート クラウド インフラストラクチャ上で動作する、クラウド ネイティブのネットワーキング ソフトウェアを提供します。これにより、ネットワーク オペレータは、最も費用対効果の高い方法で処理とメモリを追加し、コントロールプレーンを仮想化およびスケールアウトできます。 各仮想ルータはクラウド内のコントロール プレーンの大部分を実行するため、処理のスケーリングにたいする費用対効果が高まります。 このアプローチは各仮想ルータのためのルーティング プロトコルが、別々のインスタンスを持ち、各仮想ルータのスケーラビリティ、信頼性およびカスタマイズを強化します。 Voltaは、単一の1Uホワイトボックススイッチで、最大255の別々の仮想ルータをサポートします。 このようなマルチテナントの場合、各仮想ルータは、特定の顧客の正確な要件を満たすように構成された独自の管理ドメインとして、クラウド内にある別々のプロセスのセットとなります。 顧客ごとに個別の構成ファイルを用意することで、サービスの作成とプロビジョニングを大幅に簡素化します。これは、サービス提供の迅速化と、プロセス内のエラー減少を実現します。 これは、サービス提供の迅速化と、プロセス内のエラー減少を実現します。 Voltaのネットワーキング サービス ライブラリは、Pythonライブラリ、またはYANG(RFC 6020)データモデルとして提供されているため、ネットワーク事業者のOSSおよびBSSへの統合が容易になります。