• 通信事業者の自動化を推進
    通信事業者の自動化を推進
  • 仮想ルーティングでかつてない規模を実現
    仮想ルーティングでかつてない規模を実現
  • 既存ルータ対し90%のTCO削減
    既存ルータ対し90%のTCO削減
  • VEVREは最初のクラウドネイティブなルーティングプラットフォーム。
    VEVREは最初のクラウドネイティブなルーティングプラットフォーム。

ボルタネットワークはルーティングを再考します

ボルタネットワークは低コストのホワイトボックススイッチのルーティングを最適化するため、クラウドを用いて、劇的なコスト削減を実現する最初のクラウドネイティブなルーティングエンジンを提供します。既存のルータやルーティングアプライアンスと異なり、ボルタは新しいネットワークサービスの導入を自動化により加速させると共に、ルーティングコントロールプレーンの仮想化とスケールにより、遥かに少ないコストを実現します。

プレスリリースと最新のニュースをご覧ください。

最新情報

Upcoming Webinar: Virtual Routers for flexible, future-proof 5G transport

Join IHS, Volta, and Fujitsu on December 10 and get a free report from IHS

Report cover

Heidi Adams from IHS leads a discussion of the evolving service edge as service providers gear up for 5G. 5G brings the promise of ultra-broadband speeds, ultra-reliable low-latency services, and the ability to support massively scaled communications for a wide range of IoT devices and applications. These services will place new demands on the underlying IP transport infrastructure. In response, new solutions – such as virtual routers – are emerging to enable higher-capacity, flexible and more efficient IP networks for mobile xHaul applications. Join this webinar to learn how cloud-native virtualized routers can play a leading role in meeting 5G transport requirements.

Details and Register
2019-11-07T16:51:44+00:00
[content_block id=1631]

IDC Report

Volta Named an IDC Innovator for Disaggregated Routing Platforms

“Volta has rethought SP routing, with the goal of reducing costs while delivering scalable routing capabilities. Volta offers a cloud-native, cloud-hosted disaggregated control plane, which manages on-premise commodity switches to provide significantly lower capex and the ability to manage multiple virtual router instances on commodity hardware, improving operational agility and flexibility.”

 

Read the excerpt
2019-11-21T14:38:20+00:00
[content_block slug=volta-chosen-as-an-idc-innovator-for-disaggregated-routing-platforms]


The Rethink Blog

Read our latest posts on how Volta is rethinking routing:

Why Volta

TCOを90%削減

ヴォルタはネットワークオペレータが低コストのホワイトボックススイッチの最大限の活用に加え、クラウド上にコントロールプレーンを展開することにより、追加して、さらに同等のコスト削減を提供します。結果として既存ルータプラットフォームと比較して、最大10倍のTCO削減が可能です。

エラスティッククラウド

ネイティブなクラウドアプリケーションであるため、ヴォルタはクラウドのエラスティック性(弾力性)を最大限活用し、使われる場所、目的に関わらず効率的なリソース利用を確実にします。クラウドネイティブな技術を用いることにより、オペレータにさらに高価なルータへのスケールアップを強制するのではなく、スケールアウトを提供します。

仮想ルーティングを拡大・縮小

VEVREは一つのVRPとvAgentが動作しているデバイス上の物理もしくは仮想ポートから構成される仮想ルータの作成のために用いられます。ヴォルタは、一つのデバイスあたり最大255まで設定可能なVRにより、アプリケーション、サービス、カスタマそしてネットワークにわたり、高度な柔軟性をネットワークオペレータにもたらし、業界をリードします。

キャリアの自動化を促進

ヴォルタのクラウドベースのAPIはMANOシステムへの完璧な接続点を提供します。NETCONFとYANGを含む業界標準への完全対応により、自動化を推進します。

TOTALMENTE INTEROPERATIVO

ヴォルタは様々なルーティングとトランスポートプロトコルをサポートします。ヴォルタのルーティングスイートはFRR(フリーレンジルーティング)オープンソースに基づいており、既存ルータとの互換性が担保されています。ヴォルタはFRRのコントリビュータです。

独自のIP

ヴォルタエージェント(vAgent)は, スイッチ上で動作し、ローカルな自律制御を提供します。ヴォルタはスイッチが必要な情報(フォワーディング情報ベースもしくはFIB)を圧縮技術関する特許を申請中です。この独自の技術によりスイッチが最高のパフォーマンスで動作することを確実にしています。