• 通信事業者の自動化を推進
    通信事業者の自動化を推進
  • 仮想ルーティングでかつてない規模を実現
    仮想ルーティングでかつてない規模を実現
  • 既存ルータ対し90%のTCO削減
    既存ルータ対し90%のTCO削減
  • VEVREは最初のクラウドネイティブなルーティングプラットフォーム。
    VEVREは最初のクラウドネイティブなルーティングプラットフォーム。

ボルタネットワークはルーティングを再考します

ボルタネットワークは低コストのホワイトボックススイッチのルーティングを最適化するため、クラウドを用いて、劇的なコスト削減を実現する最初のクラウドネイティブなルーティングエンジンを提供します。既存のルータやルーティングアプライアンスと異なり、ボルタは新しいネットワークサービスの導入を自動化により加速させると共に、ルーティングコントロールプレーンの仮想化とスケールにより、遥かに少ないコストを実現します。

プレスリリースと最新のニュースをご覧ください。

最新情報

TechTarget 2019 Network Innovation Award for Innovation in Cloud-based Routing

NIA Award Logo

“Networking startup Volta Networks — winner of TechTarget’s Network Innovation Award — is one of a handful of young companies aiming to change the routing game. Drawing inspiration from server virtualization and software-defined networking, or SDN, Volta created a disaggregated, cloud-based routing platform that allows service providers to run up to 255 virtual routing instances on a single white box switch. Decoupling software from hardware and moving the control plane to the cloud can lower costs and increase agility, which is of growing interest at the edge as the 5G era dawns.”

Read the Article
2020-01-03T11:59:57+00:00
[content_block id=1857]

Webinar On Demand: Virtual Routers for 5G Transport

See what IHS, Volta, and Fujitsu had to say and get a free report from IHS

Report cover

On December 10, Heidi Adams from IHS lead a discussion of the evolving service edge as service providers gear up for 5G. 5G brings the promise of ultra-broadband speeds, ultra-reliable low-latency services, and the ability to support massively scaled communications for a wide range of IoT devices and applications. These services will place new demands on the underlying IP transport infrastructure. In response, new solutions – such as virtual routers – are emerging to enable higher-capacity, flexible and more efficient IP networks for mobile xHaul applications. Watch this webinar to learn how cloud-native virtualized routers can play a leading role in meeting 5G transport requirements.

Watch On Demand
2019-11-07T16:51:44+00:00
[content_block id=1631]

IDC Report

Volta Named an IDC Innovator for Disaggregated Routing Platforms

“Volta has rethought SP routing, with the goal of reducing costs while delivering scalable routing capabilities. Volta offers a cloud-native, cloud-hosted disaggregated control plane, which manages on-premise commodity switches to provide significantly lower capex and the ability to manage multiple virtual router instances on commodity hardware, improving operational agility and flexibility.”

 

Read the excerpt
2019-11-21T14:38:20+00:00
[content_block slug=volta-chosen-as-an-idc-innovator-for-disaggregated-routing-platforms]


The Rethink Blog

Read our latest posts on how Volta is rethinking routing:

Why Volta

TCOを90%削減

ヴォルタはネットワークオペレータが低コストのホワイトボックススイッチの最大限の活用に加え、クラウド上にコントロールプレーンを展開することにより、追加して、さらに同等のコスト削減を提供します。結果として既存ルータプラットフォームと比較して、最大10倍のTCO削減が可能です。

エラスティッククラウド

ネイティブなクラウドアプリケーションであるため、ヴォルタはクラウドのエラスティック性(弾力性)を最大限活用し、使われる場所、目的に関わらず効率的なリソース利用を確実にします。クラウドネイティブな技術を用いることにより、オペレータにさらに高価なルータへのスケールアップを強制するのではなく、スケールアウトを提供します。

仮想ルーティングを拡大・縮小

VEVREは一つのVRPとvAgentが動作しているデバイス上の物理もしくは仮想ポートから構成される仮想ルータの作成のために用いられます。ヴォルタは、一つのデバイスあたり最大255まで設定可能なVRにより、アプリケーション、サービス、カスタマそしてネットワークにわたり、高度な柔軟性をネットワークオペレータにもたらし、業界をリードします。

キャリアの自動化を促進

ヴォルタのクラウドベースのAPIはMANOシステムへの完璧な接続点を提供します。NETCONFとYANGを含む業界標準への完全対応により、自動化を推進します。

TOTALMENTE INTEROPERATIVO

ヴォルタは様々なルーティングとトランスポートプロトコルをサポートします。ヴォルタのルーティングスイートはFRR(フリーレンジルーティング)オープンソースに基づいており、既存ルータとの互換性が担保されています。ヴォルタはFRRのコントリビュータです。

独自のIP

ヴォルタエージェント(vAgent)は, スイッチ上で動作し、ローカルな自律制御を提供します。ヴォルタはスイッチが必要な情報(フォワーディング情報ベースもしくはFIB)を圧縮技術関する特許を申請中です。この独自の技術によりスイッチが最高のパフォーマンスで動作することを確実にしています。