Cloud On Ramp(クラウドへの最速・直行)

ある調査によると、組織は平均で少なくとも6つのクラウドを使用しています。 マルチクラウドの採用は、ベンダーロックインを防ぐ方法として一般的です。 さらに、一般的な組織では平均13のSaaSアプリケーションを使用しています。 これらのサービス中にはミッションクリティカルなものもあれば、そうでないものもあります。 従って、様々なサービスに対して、様々タイプのサービスを必要とします。

Volta power cloud on-ramp サービス
仮想ルータは、Cloud On Ramp(クラウドへの最速・直行)のような新しいサービスを強化します。

サービスプロバイダーにとって、同じクラウドへの接続を必要とする多数の顧客と、多くの場所からのSaaSプロバイダーがあります。 クラウドへの共有接続を提供および管理することは、サービスプロバイダーにとって収益の機会となります。 スタンド アロン サービスまたは付加価値として、VPNなど様々なサービスがあります。 低コストで高性能のスイッチで、多数の仮想ルータをサポートするVoltaの機能により、サービスプロバイダーはこれらのサービスを構築するためのコストを抑えることができます。 Voltaのテクノロジーにより、サービスプロバイダーはあらゆる顧客、サービスまたはアプリケーションに異なる仮想ルータを提供できます。 Voltaのサービスライブラリ機能は、サービス提供の差別化を可能にしながら、運用コストを低く抑えます。